美肌になる豆乳の飲み方|効果的な飲み方とは?

美肌になる豆乳の飲み方

美肌効果の強い豆乳ですが、効果的な飲み方も考えて効率的に摂取していきましょう。
豆乳の原料である大豆に含まれるイソフラボンは、一日に40~50mgの摂取が理想的とされています。
豆乳ならちょうど200mlほどで理想的なイソフラボンを摂取することができます。

もちろん大豆は豆乳だけに使われているわけではないので、味噌や納豆、豆腐など日常的な食材でも、イソフラボンを摂取することはできるのです。
しかしそういった健康的な日本古来の食事は忙しい現代人にとって縁遠くなってしまいがちです。
いつでも手軽に飲める豆乳を飲み続けることで美肌効果を持続させることができます。

飲む時間などに決まりはありませんが、抜きがちな朝食の代わりに飲むと、充分な栄養を摂取でき習慣としても続けやすくなります。
また食事前に摂ることで腹持ちが良くなり、食べ過ぎ防止にもつながります。

間食やおやつ代わりに甘味を加えた豆乳を飲めば、摂取カロリーも抑えられダイエットにも効果的です。

そして夜、寝る前に飲むと豆乳に多く含まれるトリプトファンが精神を安定させ、良質な睡眠をとることができます。

250
睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌や筋肉の修復・再生をしてくれるので良い睡眠は美肌の味方です。

豆乳は大豆の風味が強く、そのまま飲むのが苦手な人もいると思いますので、おいしく飲む工夫も大事ですね。
市販の調整豆乳には様々に風味付けられた豆乳が出ているので、飲まず嫌いをしている人は試しにいくつか飲んでみると
お気に入りの豆乳が見つかるかもしれません。

牛乳の代わりにコーヒーに豆乳を入れたソイラテや、シチューや豆乳鍋などの料理に使ってみると意外なおいしさを発見できますよ。
美肌づくりには習慣が大事なので、おいしく無理なく続けられる豆乳ライフを過ごしましょう。