豆乳の飲み過ぎは乳がんの原因になるの?|大豆の加工製品には要注意!

大豆の加工製品には要注意!

アンチエイジングやダイエットに最適な食材として知られている豆乳。
生理前に飲むと痩せやすいといった「豆乳ダイエット」というのもあり、美容や健康の為にと積極的に摂られている人も多いものとなっています。
ただ、いくら美容や健康に良いと言われても、摂取しすぎは体を壊すこととなります。
豆乳を飲みすぎると生理不順になりやすいといわれていますが、それ以上にもっと怖い発ガン性説もあるのです

豆乳は、大豆に含まれる栄養成分をそのままに、消化吸収しやすい形にしたものですから、有効成分がたっぷりと含まれています。
大豆たんぱく質やイソフラボン、レシチン、サポニン、オリゴ糖、フィチン酸、ビタミン類、ミネラル類など…
これらの栄養成分が、動脈硬化や骨粗鬆症予、生活習慣病、脳の老化、肥満、便秘、高血圧などの健康面における予防を。
さらに、ニキビや肌荒れなどの美容面での予防効果も期待することができます。特に、女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンは美容面では特に重要で、肌のターンオーバーを整えてシミやシワ、くすみを予防すると言われています。

もちろん、がん予防もその効果の一つとして挙げられていますが、なぜ逆の発ガン性が言われているのでしょうか?
発ガン性の可能性がいわれているのが、実は大豆イソフラボン。
ただし、これはサプリメントなどの濃縮物をいい、過剰摂取した場合にその危険性があるといわれているのです。
豆乳に発ガン性物質が含まれているというわけではありません。

大豆イソフラボンによる発ガン性の可能性については、食品安全行政を仕事とする食品安全委員会からもそのリスク報告がされています。
これまで大豆を摂取し続けてきた中で、安全について問題が起きたことはない…というのが、その大まかな見解です。
つまり、過剰摂取に気を付ければ、大豆食品に関してそこまで警戒することはないというのです。

では、過剰摂取といわれる量はどれくらいなのでしょうか?
食品安全委員会では、大豆イソフラボンの1日の摂取量の上限は70~75mgとしています。
ただ、食事とサプリメントを合わせて摂取する際には、その上限を30mgです。
大豆イソフラボンは豆乳以外でも、味噌や豆腐、納豆などからも摂取できますので、豆乳以外も要チェック。
豆乳だけを考えたら、1日に50~100ml程度に抑えておくのが無難といえます。